• 0120156091 0120156091
  • 無料宅配キット,取り寄せ,フォーム,宅配買取 無料宅配キット,取り寄せ,フォーム,宅配買取

株式会社アンテウスの中古ブランドblog

人気ブランド、ルイ・ヴィトンの展示会に潜入!

皆さんこんにちは。
昨日、東京都千代田区麹町で開催されているルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」の展示会へ潜入してきました。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

1854年の創業から今日までのルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の軌跡を辿る壮大な展覧会。
2月21日までパリのグラン・パレで開催されたルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の展示会は、日本での開催にあたり日本にスポットを当てた章も加わっているとの事でどんな展示会なんだろうと入る前からワクワク。
会場の入り口には可愛いルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のトラックがお出迎え。
(自分のはちゃっかりと撮りましたが、ふざけすぎているのでご紹介はできず・・・)

今回のテーマは『旅』
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の起源である『頑丈なトランク』がメインです。
入ってすぐに飾られていたのは、モノグラムのトランク。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

上流階級の旅の手段は馬車だったそうなのですが、時代の変化により旅の手段は馬車から船、鉄道、自動車へと変わり積み重ねやすくするために平らなトランクを作ったと言われています。
荷物が積み重ねやすい形状にしているのも理由があったのですね。
旅の手段が馬車の頃には、雨が流れ落ちるような形状にしていたそうです。
それがこちらのトランク。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

確かにトランクの上部は丸みがあるのがわかります。
他にも沢山のトランクが展示されていて、衣類を収納するトランクや靴専用のトランク、帽子や絵画、本専用のトランクなどもありました。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

 

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

実は、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のラインで初めて登場したのは、モノグラムラインではなくダミエラインの方が先だということはご存知でしたか?
1888年に登場したのがダミエライン。
日本の市松模様からインスピレーションを受けて作られたと言われていることはあまりにも有名です。
そして1896年に誕生したのがモノグラム。
こちらも日本の家紋をヒントにして作られたと言われています。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

そして、日本にスポットを当てた章がこちら。
お茶の道具や食器が収納できるようになっているトランク。
もはや移動させられる家具ですね。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

畳の上に展示されているこちらのトランクの上部には、ITAGAKI
と名前が入っているのがわかります。
これはびっくりですね。
さすがに立ち止まる方も多く混雑していました。
良く見ると畳のへりの部分がモノグラム♡
こんなさりげない部分に遊び心がありますよね。
今回の開催場所に紀尾井町を選んだのは、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が1978年に日本一号店を出店したゆかりのある地だったからだそうです。
モノグラム・キャンバスのインスピレーションの一つとも言われる「紋」をはじめとした、板垣退助が渡欧した際に購入したと言われているトランクや京都のヴィラ九条山の職人が制作したトランク、村上隆や草間彌生など現代アーティストとのコラボ作品などを展示し、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が日本と築いてきた深い関係性があったのだと感じました。

『旅』は船へと変わり始めクルーズ旅行が増加しヨットでの旅が盛んになります。
すると大量の荷物が運べるようになります。
豪華客船での長旅では何度もパーティーがあるのでその日の予定に合わせて着替えられるドレスが何着も持ち込めるようになります。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

実際に、まるで船に乗っているかのようなリアルな空間でその当時の様子が良く伝わってきました。
写真をみるだけでもまた鳥肌が立ちます。
そして旅は飛行機へ。
空の旅に作られたバッグは軽量になります。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の世界に吸い込まれる私は終始無言状態。
とても広いので途中2回もソファーで休憩。
休憩した場所はなんと列車の中。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

これは鉄道での旅。
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、旅の手段が変わるたびに多様化していく柔軟性があることが伺えます。

ふっと壁をみると壁もモノグラム♡
もう完全にノックアウト。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

上流階級を顧客に持つルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の美しい展示品に魅了され、どんな人がきていたのかなぁとかその時代の妄想が膨らみます。
ゴージャスな天井とシャンデリアでセレブリティーな空間にうっとり♡

初めて目にする物ばかりで本当に素晴らしかったです。

さらに工房での作業の実演もありました。
手慣れた様子で作業をこなしている姿はまさに職人でした。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

私は個人的にルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のノエが好きで、特にノマドラインのような革の質感があるプレーンな物が好み。
これが、展示会にもありました!!

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

まさにこれですこれ♡
しばらく眺めていました。
やっぱり渋くて素敵だな~と改めて思いました。
それから遊び心のあるこのトランク。

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

真ん中のは何だか分かりますか?
これはスケートボード(スケボー)の専用ケース。
2009年につくられたスティーブン・スブラウストリビュート

Free Arts NYC 
日本でも限定で3個だけ発売されたそうですが、売り上げはFree Arts NYCに寄付されたとか。
マークジェイコブスの斬新なグラフィック=落書きは、グラフィックラインとのして話題を集めルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の歴史に名を残しました。

帰りにはポスターのお土産までいただき至れりつくせりでした。
これが無料で見られるなんて本当に信じられないですよ。
展示会は、2016年4月23日(土)から6月19日(日)までやっているので見に行く価値は絶対あります!!
益々ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の虜になった私でした♡

ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅
ルイ・ヴィトン,展示会,東京都,千代田区,麹町,空へ、海へ、彼方へ―旅

無料宅配キット,取り寄せ,フォーム,宅配買取 無料宅配キット,取り寄せ,フォーム,宅配買取

ブランド楽市 [株式会社アンテウス] 店舗のご案内

ブランド楽市の店舗は駅近、徒歩圏内!店頭での高価買取をご希望のお客様は、下記の3店舗よりお近くのお店へお越しください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

選べる3つの買取方法

宅配買取の他に、店頭買取や出張買取を実施しております。遠方にお住まいの方や、お忙しい方は、便利な宅配買取や出張買取をご利用ください。

ブランド楽市(株式会社アンテウス)取扱いアイテム・ブランド一覧

■取扱いアイテムとブランドについて

ブランド楽市(吉祥寺店・駒沢店・赤羽店)で、高価買取、販売させていただく機会が多いアイテムをご紹介しています。バッグや時計、ジュエリー、衣類など、ハイブランドからノーブランドまで、幅広い商品を取り扱っております。一点でも多く買取させていただきたいとスタッフ一同願っておりますので、まずはお気軽に「ブランド楽市」にご相談ください。
※弊社では、リアルタイムな相場で最善を尽くした価格にて買取させていただいております。ブランドの買取価格は、買取当時の参考例としてご確認下さい。

ブランド楽市の取扱いブランド一覧 ブランド楽市,取扱いブランド一覧 ブランド楽市,取扱いブランド一覧

ブランド楽市(株式会社アンテウス)各種サービス

■ブランド楽市がご提供する各種サービスについて

ブランド楽市(株式会社アンテウス)が運営する3店舗にて承っている、ブランド品の買取以外のサービス各種についてご紹介いたします。腕時計の電池交換やオーバーホール、ジュエリーのメンテナンスやサイズ直しなど、ブランドを扱う専門店だからこそ安心してお任せいただけます。様々なご要望にお応えしながら、地域密着型の店舗展開を心掛けておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

ブランド楽市(株式会社アンテウス)遺品整理・資産整理

■ブランド品や貴金属の遺品整理・資産整理について

両親や家族など、大切な方が亡くなった際に受け継ぐ遺産。最近話題の「終活」の一環として、生前に資産整理をして”物”を”現金”に変えてご遺族に相続させる方が増えています。大切な人が大切にしてきた物を、「ブランド楽市」では、専門家が大切に、しっかり丁寧に鑑定しております。

ブランド楽市の金買取,プラチナ買取,宝石買取,貴金属買取

ページトップへ戻る